第11回JBAチャレンジカップ リザルト

7月29日(日)に開催されました第11回チャレンジカップのリザルトを発表いたします。

 

photo:Akabanevisionfilm Ubu


BMX OPEN


チャレンジクラス(年齢別クラス)


ノーペダルレース



第11回JBAチャレンジカップ 御礼

7月29日開催の「第11回 チャレンジカップ」は 115名の皆様にご参加いただき、イベントは無事終了いたしました。

まことにありがとうございました。

非常に多くの方にご参加頂き、有意義な「第11回 チャレンジカップ」を開催することができました。これも皆様方のご支援とご愛顧によるものと、心から感謝いたしております。

 

また、このイベントを支えていただいたご協賛各社、協力団体ならびに早朝からご協力いただいたボランティアスタッフの皆様にも心より御礼申し上げます。

 

最後になりましたが、7年振りの開催に付き、不慣れなことで不行き届きの点が多々ございましたこと心よりお詫び申し上げます。

 

第11回 JBAチャレンジカップ スタッフ一同


「上越のBMX。あの頃の盛り上がりを復活させたい!」

 

小学生の時、金谷山でBMXに出会い、JBA会員になった事で、BMXが大好きになりました。特に〝チャレンジカップ〟は最高のイベントで今も心に残っています。

 

1度上越の地を離れましたが、5年前に上越に帰ってきてJBA理事に就任し、春日野トレイルの管理をしてきました。トレイルの管理をする中で、大好きなBMXと上越市を盛り上げたいという想いが強くなり、3年前に上越アクティブスポーツ協会を立ち上げ、様々な普及イベント、環境設備を行なってきました。

 

そのような中で、JBAとアクティブスポーツ協会で、コラボしたイベントが出来ないかを相談し、白倉会長の「JBAは遊びとしてBMXの楽しさや魅力を伝えていきたい」という想いに共鳴し、金谷フェスとしてチャレンジカップを復活させる事にしました。

 

そして、今回7年ぶりに復活させる事が出来て、本当に多くの方が参加して下さり、あの頃の盛り上がりを復活させる事が出来ました!

 

これからは、当時楽しませてもらった自分たちが、次の世代に繋げていく為に動いていく番です。

大好きな金谷山に感謝を込めて、これからも上越のBMXという文化が衰えぬようにJBAのサポートもしていきます。

 

まだまだ未熟で至らぬ点も多いのですが、この環境をつくって下さり、維持してきた方々に感謝をし、金谷山がBMXの聖地として次世代に繋いでいけるように頑張ります。

これからも、よろしくお願い致します。

 

金谷フェス実行委員 

代表 小竹 潤


チャレンジカップ 駐車場のご案内

■場内駐車場について

 原則場内駐車場はフェス関係者及びスタッフ用駐車場となりますが、8:00~8:30の時間帯で空きがあった場合は、レース出場者も駐車することができます。

 場内駐車場に止める場合は下記をお守りいただくことになります。

 ①午前8時~8時30分までに入場できる方。

 ②フェス開催時間(~17:00)内は車を場外に出すことはできません。

 ③7:00~8:00は関係者が入庫いたします。

  8時前のBMX場出入口前での待機はご遠慮ください。

 ④入庫・出庫はスタッフの指示に従い行ってください。

 

※駐車可能台数は当日の関係者用車両の台数で変化します。

 

時間にとらわれず自由に入出庫したい場合は場外駐車場に駐車してください。

 

【場内駐車場1】

 金谷フェス関係者駐車場

【場内駐車場2】

 レース関係者駐車場

■場外駐車場について

 場外の駐車場の「旧チャペル跡 砂利敷き」部分がレース出場者専用の駐車場となります。こちらは入退場時間に制限はありません。フェス時間内に自由に車を動かしたい方はこちらに駐車ください。

駐車可能台数は約60台となります。

現地スタッフにしたがってご駐車ください。

 

 「BMX場看板前のアスファルト敷き部分」は一般来場者及びレース観戦者の駐車場となります。

 

なお、BMX場入口に向かって右側の「ヨーデル金谷様前の駐車場」は駐車禁止となります。ご注意ください。

 

【場外駐車場】

 上:一般(レース観戦者含む)駐車場

 下:レース出場者駐車場


チャレンジカップ ランバイククラスについて

今回第11回にしてチャレンジカップにはじめてランバイククラスが設けられました!

チャレンジカップのランバイクレースはBMX的なルールです!

ほかのランバイクとはちょっと違う?ところもあると思いますが、ご容赦ください。

 

まず最初にお伝えしたいこと。

ランバイクレースのMCはアクティブキッズフェスタなどでもおなじみ、

BMXプロレーサー菊池雄!

 

当日ご自身もBMXレースに出場する状況にもかかわらず快く引き受けていただきました!

雄選手の熱いMCを背中に受けて、暑さに負けない熱い走りができること間違いなし!!

ですね!

 

■コースについて

 本コースの最終ストレートのみを使用します。

  

■召集場所について

 ランバイクの召集場所は最終ストレートの起点となります。

 写真赤丸の地点になります。

 召集場所には熱中症予防としてテントとミストシャワーを設置いたします。 

■スタートについて

 BMXのランダムゲートスタート音を合図にスタートします。

 スタッフが音に合わせてゲートを倒します。

 参考 https://www.youtube.com/watch?v=WAFTQNT9DLA

 聞きなれない音に戸惑うかもしれませんが、ぜひBMXレーサーになったつもりで、かっこよく飛び出してください!!

 

■ランバイクスケジュール

 8:30〜9:30 受付

 9:00〜9:30 ランバイク試走

 9:40〜9:50 ライダーズミーティング

 10:15〜 予選 (年長→年中→年少以下→BMX年齢別各クラス)×3本

 ※予選3本の間はそれぞれ約20分くらい時間が空きます。

 12:00前後 ランバイク決勝(BMX準決勝終わり次第実施)

 

 

■表彰式について 

 表彰式はBMXと同じ15:55からとなります。

 それまで会場で迫力あるBMXレースを観戦したり、

 金谷フェスをお楽しみください!

 

■その他諸注意

 ・熱中症には十分ご注意ください。

 ・試走時、レース時以外はランバイクでの本コース立ち入りは禁止です。

 

 ・本コースは最終ストレート以外は立ち入りできません。

  スタッフの指示に従ってください。

 

 ・ランバイクのレース時以外はコースに立ち入ると非常に危険です。

  お子様から目を離さないようにお願いいたします。

 ・タイヤサイズ12インチ以下のランバイクのみ出走可能です。

 ・ブレーキが装着されているランバイクでは出走できません。

 ・グローブ、ひじ・ひざのプロテクター、ヘルメットは必ず着用してください。

 ・靴は運動靴を着用してください。

 ・サンダルまたは踵がしっかりと固定されていない靴は不可とします。

 ・ランバイククラスに限りヘルメットはハンキャップ可とします。

 ・3人未満のクラスは他クラスと混走となる場合があります。

 ・主催者側で危険と判断される車両や服装、装飾などは、出走をお断りする場合があります。

 ・ゼッケンプレートは当日配布いたします。


チャレンジカップ 出場BMXレーサー紹介!! vol.3

日本トップクラスのBMXレーサーが集う第11回JBAチャレンジカップ。

今回チャレンジカップに出場するエリート、ジュニアエリートの選手達をご紹介します!

最後となる第三弾は東日本編!


菊池 雄

You Kikuchi

DIG-IT SUPERCROSS

神奈川

Instagram @youbmxrocky

 

生年月日:1990年6月7日

ひとこと

今年から新潟登録で日本、世界レース参戦してます!!共にBMX楽しんで行きましょう!!!

みんなBIG UP!!!」


三瓶 貴公

Takamasa Sanpei

Yess BMX Factory Team

神奈川

 

生年月日:1992年1月16日

 

ひとこと

「YESS BMXの2019モデルとして今までになかった新しいモデルが発売されるので、SNS等でチェックしてみてください!」


古幡 陵介

Ryosuke Furuhata

Systematic bmx

埼玉

 

生年月日:1993年11月22日

ひとこと

「久しぶりのお祭りレース、コーチとか選手とか関係なく楽しむぞー!」


深川 匠

Takumi Fukagawa

埼玉

Instagram @ftakumi123

 

生年月日:1997年1月23日

ひとこと

今回のレース楽しみたいと思います。


長谷川 湧斗

Yuto Hasegawa

関彰商事

茨城

Instagram @yutobmxhasegawa_

 

生年月日:1997年9月1日

ひとこと

小学生ぶりのチャレンジカップ!憧れのエリートライダーで参加できるので賞金獲得します💰


佐宗 恭

Kyo Saso

ChaseBicycles/SystematicBMX

東京

Instagram @kyosaso

 

生年月日:2000年10月9日

Photo : Motoyoshi YAMANAKA

ひとこと

7年振りのチャレンジカップ!7年前と同じように、暑さに負けないような熱いレースを楽しみたいと思います!